医療費の援助・児童・生徒が感染症などに掛かった場合の経済援助について

突発的な病気などで緊急入院になることは誰もがあり得ることです。ですが、集中治療室に入るような病気にかかると治療薬などの処置代や何人もの医療スタッフなどの人件費を合わせ病気の症状によっても変動はありますが、高額な医療費がかかります。そして病院の窓口で支払い請求書を見て慌ててお金を借りるのはまだ早いです。このような時高額療養費制度というものを活用しましょう。ですが、高額な治療費の払い戻しをうけるまでに約3か月ほどかかりますから、このような場合あらかじめ高額な治療費用が掛かるのが前もってわかっていた場合、入院前に自分の入っている保険組合などに問い合わせて認定証など必要な書類を揃えて病院側に申請しておくと便利です。

その他にも準備がでなくても高額療養費貸付制度といって無利子で貸付てくれる場合もあります。これらは所持している保険証などで確認して該当している保険組合や国民健康保険事務所などに問い合わせてください。

また世帯収入によってもこの医療費の限度額は変わってきますし、低所得者などや病気やけがなど該当するのが学童などの場合、自治体独自の補助金制度を設けている場合もありますし、治療費用がかからない事もあります。これらの場合、自分の住所の市役所の相談窓口で電話などで問い合わせてみましょう。成人の場合は社員などが所属している保険組合などで長期療養の場合、傷病手当金が支給されるケースもあります。これは自分の加入している保険とは関わらず病院などで診断書を作成してもらい申請して認められれば支払われるものです。また所属している組合によって違いますが、何年も治療がかかる場合でもその都度もらえる場合がありますからきちんと疑問があれば問い合わせましょう。またこれらの場合、申請を忘れていても2年ほどは猶予がありますから、問い合わせて申請書類を揃えて提出しましょう。病気の治療の他にもお金がかかることは色々あります。このような時制度を利用すると精神的にも楽ですし、家族の負担も減ります。

低所得者生活福祉資金貸付制度について

お金を借りる方法は様々で、最も多くの人が利用するのが住宅ローンやクレジットカード等の支払残です。これらのローンは生活の充実を図るためや質の向上のためで、金融機関やクレジット会社は返済できる見込みのある、定期収入のある人に利用を促します。
しかし、何らかの理由により収入がなくなってしまったり、減った人の場合、お金を借りことが出来ないです。障害者となり働けなくなったり、家族の介護のために仕事を辞めるなど、様々な理由により生活が厳しくなります。
このようなケースでお金を貸す金融機関はありません。


お金を借りる人は金融機関の審査を受ける必要があり、これに通過しなければお金は借りれません。また、借りたお金に高い利息が付加されます。低所得者生活福祉資金貸付制度というものがあります。これは低所得世帯や、高齢者・障害者に対して貸し付ける制度です。
低所得で金融機関からお金を借りることが出来ない人や介護が必要な65歳以上の高齢者がいる世帯、障害者がいる世帯で、地方自治体を通じて政府からお金を借りる方法です。

低所得者生活福祉資金貸付制度を利用してお金借りる場合、貸出し対象となる人が低所得、或いは介護高齢者、障害者等であるため、低金利貸し出しとなり、さらに保証人設定により、金利無しで貸し出しが行われるケースもあります。ただし、貸出し対象に制限が設けられているため、貸出し対象であるか否かを確認する必要があります。

失職により収入がなくなった人の場合、失業保険が受けられますので、まずはそちらが優先されます。自治体により低所得者対象に生活保護が受けられますので、そちらに該当する場合、優先順にとして生活保護を受けることになります。
失業保険や生活保護が受けられない人の救済措置として低所得者生活福祉資金貸付制度があります。

失業保険や生活保護は返済の必要がなく、低所得者生活福祉資金貸付制度はあくまでも貸し付けであることを十分理解して、正しい計画のもと利用することを考えましょう。

リバースモーゲージってご存知ですか?

リバースモーゲージというのはこれからの高齢化社会において老後の資金を得るために有力と考えられている方法の一つです。内容からみて高齢者が利用することが多いでしょうが、別に利用できる人は高齢者に限るというわけではありませんし、高齢者であればどんな人でも利用できるというわけでも決してありません。


さて、高齢者の人であっても生活資金その他でお金が必要になることはもちろんあります。一応は年金があったとしても豊かな生活をしていくには十分ではないという人もいるでしょうし、日々の生活はなんとかまかなえても、例えば病気をして入院することになったときなど、まとまったお金が必要になった場合には即座に困ってしまうという人もいるでしょう。
こういう場合、引退した高齢者は収入を増やす手段に乏しいことが多いです。せいぜい貯金を取り崩すくらいしかない人も多いでしょう。年金以外に収入のない高齢者は金融機関から融資を受けることもままなりません。しかし、資産がないのかというとそうではない人も多いです。何かというと、不動産、つまり自分が住む住宅です。これは立派に資産価値を持っているのですが、そのままではお金を手にするのが困難なことは事実です。いくら資産価値を持つからといって売却してしまっては住むところがなくなってしまいます。それは困るでしょう。

そういう場合に利用できるのがリバースモーゲージです。これは、自宅を担保にしてお金を借りることができます。しかも通常の形での融資ではありません。返済は、自分自身の死後に、その不動産を売却して清算することで構わないのです。つまり、生きている限りはそのまま自宅に住み続けることができるという安心感があります。かつての時代ならいざ知らず、今は自分の死後に子供や孫に不動産を含む財産を残さないといけないと考える人は少なくなり、生きている間の自分の生活を充実させたいと考える人は増えています。そういう人はリバースモーゲージを検討する余地は十分にあるでしょう。

免許証だけでお金を借りる方法

キャッシングを行う場合少額であれば免許書だけでお金を借りることができます。これは「貸金業法」で決められている「総量規制」という決まりによるもので、収入証明書類なしで免許証だけでキャッシングできるのは具体的な金額で借入額50万円までと定めらていることによります。1社から50万円超を借りようとするまたは複数の会社から借金している場合は利用合計金額が100万円を超えないことが重要で、希望する借入金額と他社の利用金額の残高が合計100万円以上を超えると収入証明書類を求められることになるからです。この場合源泉徴収票や給与明細などの提出を求められることもあるため、免許証だけでお金を借りることができません。年収の3分の1を超える金額を借りることができないため年収の3分の1が50万円以下の場合も借りることができないので注意が必要になります。

「総量規制」が守られているケース

本人確認ができる書類なら免許証以外でも可能でパスポートや健康保険証(ただし追加で“住所が確認できる書類”が必要になるケースが発生する場合もある)でもお金を借りることができます。免許証は住所と現住所が同じであればスムーズにことが運べます。しかし住所が変わっているのに免許証に反映させていないならば現住所を証明する書類として住民票の写しや印鑑証明書の写しまたは電気や都市ガスや水道等などの公共料金の領収書などの提出が求められるので免許証だけで借りることにならなくなるので注意が必要です。免許証の住所変更は免許証の裏に新しい住所を記載するので申し込みの時は裏面もコピーや撮影が必要になります。免許証だけで申し込みをする場合スマートフォンなどで撮影する際には鮮明に写すことが大事で影が写ったりするとやり直しを求められるケースがありまた画像を加工したりすると認めてもらえません。免許証は要件は満18歳以上ですがお金を借りる場合成人者が条件になります。